カテゴリー別アーカイブ: 未分類

SSHのカギを設定する

はじめに、sshで鍵でログインできるようにする。

vi /etc/ssh/sshd_config

RSAAuthentication yes
PubkeyAuthentication yes
AuthorizedKeysFile .ssh/authorized_keys

んで、以下も必要だけど、鍵設定失敗するとログインできなくなるので要注意。
PasswordAuthentication yes
↓ 上記の項目に「 no 」を指定。
PasswordAuthentication no

で再起動。
# service sshd restart

<クライアント側>
home/.ssh/ に秘密鍵ファイルを置く。
ssh -i home/.ssh/ファイル名 ユーザ名@ホスト名

<サーバ側>
以下に公開鍵を追記する。
home/.ssh/authorized_keys

なお、homeディレクトリが777とかなっているとエラーでつながらない。
home/.ssh/authorized_keysは600でないとエラーでつながらない。

php-gd インストール

環境はCentos7

蓋開けてみれば以下の3Stepだけ。
一発で入ってくれれば悩まんのだがw

yum install php56-php-gd.x86_64 –enablerepo=remi
ln -s /opt/remi/php56/root/usr/lib64/php/modules/gd.so /usr/lib64/php/modules/gd.so
/etc/php.iniに以下を追記
      extension=gd.so
systemctl restart httpd.service

ファイルの自動同期

サーバAにてlsyncでファイルの変更を察知し、サーバBへrsyncで同期させます。
lsyncd.confに、ファイル変更察知後同期させるコマンドを記載しますが、今回はrsyncを使います。

サーバB

yum install rsync
cd /etc
vi rsyncd.conf
#--------------
# Global options
#--------------
uid = 0
gid = 0
log file = /var/log/rsyncd.log
pid file = /var/run/rsyncd.pid
hosts allow = 153.149.37.184
hosts deny = *
use chroot = false

#--------------
# Module options
#--------------
[backup]
path = /var/www/backup/
hosts allow = localhost 153.149.37.184
hosts deny = *
read only = false
exclude = .git
/etc/rc.d/init.d/xinetd start
chkconfig xinetd on

サーバA

yum install lsyncd
yum install rsync

<lsyncd.conf設定>

cd /etc
vi lsyncd.conf

自動運転システムのオープンソース

自動運転ソフトウェア:Autoware

http://www.pdsl.jp/fot/autoware/

Linuxで動く。Ubuntuの例が多いみたい。
GPUが使えるとのこと。逆に言うと、使わないと厳しんだよねきっとw
インストールはこの辺の記事あたりから切り込んでいったら見えてくるかな?
https://github.com/CPFL/Autoware/issues/92

関連記事
http://response.jp/article/2015/08/26/258648.html