Vagrant使い方

<前提条件>
・パソコンはMac
・Vagrantがインストール済み
・VirtualBox(Oracle)がインストール済み
・インストール先は以下
~/Documents/VM/vagrant/centos7/
・以下に欲しいOSがあること(今回はCentos7.2でやる)
http://www.vagrantbox.es/

<手順1:BOXインストール>
>vagrant box add centos72 https://github.com/CommanderK5/packer-centos-template/releases/download/0.7.2/vagrant-centos-7.2.box
すると、以下のような感じにBOXのダウンロードが始まる。ここはデータ量がおおいので時間かかる。

==> box: Box file was not detected as metadata. Adding it directly...
==> box: Adding box 'centos72' (v0) for provider:
box: Downloading: https://github.com/CommanderK5/packer-centos-template/releases/download/0.7.2/vagrant-centos-7.2.box
box: Progress: 3% (Rate: 826k/s, Estimated time remaining: 0:21:34)

<手順2:OSインストール>
まずディレクトリを作成して移動する。
>mkdir   ~/Documents/VM/vagrant/centos72/
>cd ~/Documents/VM/vagrant/centos72/

初期化する
>vagrant init bento/centos-7.2

A `Vagrantfile` has been placed in this directory. You are now
ready to `vagrant up` your first virtual environment! Please read
the comments in the Vagrantfile as well as documentation on
`vagrantup.com` for more information on using Vagrant.

 

<手順3:OS設定>

・ネットワーク(IPアドレス)の設定

$ vi Vagrantfile
# config.vm.network :private_network, ip: "192.168.33.10"
 ↑ ここのコメントアウトを削除してIPアドレスを好きな値に変更

<手順4:OS起動>
起動する。ちょっと時間かかる。
>vagrant up

<手順5:OSにログイン>
>vagrant ssh

<手順6:OSサスペンド>
>vagrant suspend

<手順7:OS停止>
>vagrant halt

<その他>
以下の表示がされたら、、、
default: Machine already provisioned. Run `vagrant provision` or use the `–provision`
>vagrant provision

ansible_localを使うには以下を実行してプラグインをインストール
vagrant plugin install vagrant-vbguest

<参考>

http://qiita.com/inouet/items/b36638adc2b5772db457

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です