JenkinsでPhingでいろいろチェック

<前提>
・Jenkinsがインストール済み
・Jenkinsにログイン済み
・JenkinsにPHP Pluginがインストール済み

<やること>
・Phingでコードの静的チェックをできる様にする。

<インストール手順>
・Jenkinsの管理>プラグインの管理 を選択して開く
・利用可能Tabを選択
・検索窓で「Phing」と入力して実行
・Phingがでてくるので、CheckBoxにチェックをいれて、インストール実行
(再起動せずにインストールと、再起動してインストールとあるが、環境に合わせて適切な方で)
・Maven Integration plugin 成功
Static Analysis Utilities 成功
Checkstyle Plug-in 成功
Phing plugin 成功
とインストールが進む。
・完了

<Phing設定>
・build.xmlを作成する。こんなかんじらしい。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<project name="プロジェクト名" default="dist">

    <property name="outputDir" value="./result/" override="false"/>

    <!-- 初期設定 -->
    <target name="prepare">
        <echo msg="初期設定" />
        <mkdir dir="./build" />
    </target>

    <target name="phpmd">
        <phpmd rulesets="ruleset.xml">
            <!-- 対象ディレクトリをmain下に設定 -->
            <fileset dir="/main">
                <!-- phpファイルのみを対象にする -->
                <include name="**/*.php" />
                <!-- vendorsディレクトリ下を対象外にする -->
                <exclude name="vendors/" />
            </fileset>
            <!-- 結果をXMLでphpmd.xmlとして出力 -->
            <formatter type="xml" outfile="${outputDir}/phpmd.xml" />
        </phpmd>
    </target>

    <target name="phpunit">
        <phpunit codecoverage="false" bootstrap="bootstrap.php">
            <batchtest>
                <fileset dir="/main" >
                    <include name="**/*Test.php" />
                    <exclude name="vendors/" />
                </fileset>
            </batchtest>
            <formatter type="xml" outfile="${outputDir}/phpunit.xml"/>
        </phpunit>
    </target>

    <target name="build" depends="prepare, phpmd, phpunit" />

</project>

・ダッシュボードに戻る
・実行対象のプロジェクトを選択する
・「設定」のメニューを選ぶ
・「ビルド手順の追加」を選択し「Phing」を選択

参考
http://www.spiceworks.co.jp/blog/?p=4188

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です