ファイルの自動同期

サーバAにてlsyncでファイルの変更を察知し、サーバBへrsyncで同期させます。
lsyncd.confに、ファイル変更察知後同期させるコマンドを記載しますが、今回はrsyncを使います。

サーバB

yum install rsync
cd /etc
vi rsyncd.conf
#--------------
# Global options
#--------------
uid = 0
gid = 0
log file = /var/log/rsyncd.log
pid file = /var/run/rsyncd.pid
hosts allow = 153.149.37.184
hosts deny = *
use chroot = false

#--------------
# Module options
#--------------
[backup]
path = /var/www/backup/
hosts allow = localhost 153.149.37.184
hosts deny = *
read only = false
exclude = .git
/etc/rc.d/init.d/xinetd start
chkconfig xinetd on

サーバA

yum install lsyncd
yum install rsync

<lsyncd.conf設定>

cd /etc
vi lsyncd.conf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です