OPENSSLのインストールを手動で頑張る

#CentOS
#
#目的:OPENSSLのインストール
#条件:GCCが入っていること
# 入っていないときは yum install gcc などで入れてください
#
#<所在>
# which openssl
#/usr/bin/openssl

1.保存先を確認する
which openssl

2.ルートになる
su-

3.openssl-develを入れる
yum install openssl-devel

4.ソースを取得する
cd /usr/local/src
wget https://www.openssl.org/source/openssl-1.0.2a.tar.gz

5.ソースを解凍する
tar xzvf openssl-1.0.2a.tar.gz

6.ビルドする
cd openssl-1.0.2a
./config
make

7.インストールする
make install /usr/bin/openssl

8.動作確認する
/usr/local/ssl/bin/openssl version

9.入れ替える
cp /usr/bin/openssl /usr/bin/openssl.old
cp /usr/local/ssl/bin/openssl /usr/bin/openssl

10.動作確認する
/usr/bin/openssl version

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です